スマホに変えてみて気がついた!スマホ老眼の怖さとは?

最近ついに、長が年愛用してきたガラケーをスマートフォンに変えました。まだまだ使い慣れませんが、やはり新しいものを触るのはいつになっても楽しいです。

でもやっぱり、新しいものに変えてみると弊害はできます。
同時に、若者がみんなこれを使っているのかと思うと、少し恐ろしくなりました。

スマホの弊害

ガラケーをスマートフォンに変えてみて、いろいろなアプリケーションが使えつようになって、生活が便利になったというのは嬉しいことです。ただ、それと同時に、小さい文字を画面に近づけて凝視していることが多くなりました。

ガラケーと違い、スマホではスクロールが出来たり、画面の方向転換などができるので。意外と目が疲れます。
画面が動いたり、アプリケーションの文字などをみつづけていると大変目の疲れを感じます。

これがいわゆるスマホ老眼?とも感じています。

スマホによる目の疲れ・対処法

最近は遠くを見ていて急に近くを見たりするとピントがあうまで時間がかかるような気がするようになりました。これもスマホの原因かははっきりはしませんが、そんな気はしています。

他にも、パソコンを使った仕事をしていることとスマートフォンの画面を夜くらいところで見るようになりました。また、最近ではサプリをとるようにしているのでだいぶ良くなった感じがします。

スマホ老眼にならないためにも、自分にあった対策方法を見つけたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です